夏のバイトで

MENU

夏のバイトで

私は学生の頃、夏休みに短期間でアルバイトをしました。引越し業者の荷造りの手伝いという簡単な作業でしたが、とても暑い日だったので汗がダラダラでした。
元々から汗っかきの体質で、制汗スプレーや汗ふきシートなどをして気をつかってはいました。
そのバイト先の制服の素材が綿100%でなく、ポリエステルやレーヨンなどの化学繊維でした。ただでさえ綿より汗を吸わないのですが下にTシャツなどを着らずに、直に制服を着たので汗ではりついてしまいました。しかし着替えるわけにもいかずにそのまま作業をしていました。
そしてふとした瞬間にすごく鼻をつくような刺激臭がしました。作業場には男性もいて大きな荷物を運んで汗を大量にかいていたので最初は男性スタッフだと思っていました。しかし私が移動している途中で臭いがして、まさかと思いましたが念のため服をにおってみました。男性スタッフの臭いだとおもっていた臭いは自分からのものでした。
男性スタッフと近づいて作業することもあったので絶対臭いに気づいた方もいたと思います。臭いに気がついてからその日の作業が終わるまでは出来るだけ近づかないようにして作業をしました。しかし業務上そういうわけにも行かずに他のスタッフと近づくこともありました。とある男性スタッフと一緒に作業をしていた時にそのスタッフから柔軟剤なのか香水なのか分かりませんが、ふわっと良い香りがしました。こちらは女性なのに汗臭いというのに、大きい荷物を運んで汗も大量にかいているであろう男性スタッフから良い香りがします。女性として恥ずかしくなりました。それ以降、必ずインナーに吸収性に優れたものを着用し、洗濯物にも良い香りの柔軟剤を使用するようになりました。

 

ラポマインが楽天よりも最安値でした!